ABOUT US 会社案内

ごあいさつ

新居紙器株式会社 代表取締役社長 新居 章良
新居紙器株式会社 代表取締役社長 新居 章良 Akiyoshi Arai
新居紙器は、お客様が本当に欲しかった「パッケージ」をご提供する会社です。

弊社ホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。

新居紙器は1947年の創業以来、ダンボール商品の製造一筋でやってまいりました。
近年、業界内においても資金力のある大手企業が同業中小会社のM&Aを繰り返すことで市場の支配力を高めております。このような中、設備や資金力に劣る弊社では価格競争に巻き込まれると太刀打ちもできなくなります。また差別化を図ることも次第に困難になっていることから、非常に強い危機感を持ちはじめていました。
ちょうどその頃、私はある洋菓子店のシェフと出会いました。シェフは今使っている別注のパッケージについて不満がありました。1度に注文できる量が多すぎるため費用がかさんでいたのです。その上、使い切るのに何年もかかるので保管スペースもとり、とても使い勝手が悪かったのでした。素材は違えど同じ箱を製造している者として何とか解決できないものかと、独自に小ロットでも低価格で製造できるオリジナルのパッケージを考えました。
それをシェフにお見せしたところ大変喜ばれ、自分と同じように他にも困っている仲間がたくさんいるから手伝ってあげて欲しいと頼まれました。
このことがきっかけで2009年にオリジナルパッケージの製造・販売を試験的に始めました。他のシェフからも大変ご好評をいただき、また他業界の方々からも次第にご注文のご依頼が来るようになったことを受け、2015年より本格的に紙器事業として誕生することとなりました。
今後は長年培ってきたダンボール事業のノウハウと組み合わせながら紙器事業を第二の柱として確立させ、今まで以上にお客様に喜んでいただける製品をご提供してまいります。

どうぞこれからのアライ式にご期待ください。

新居 章良

企業理念

新居紙器株式会社


新居紙器は、「お客様の喜びを第一に考えたアプローチ」と「熱誠あふるるパッケージ作り」を通じて、地域社会に役立つ存在であり続けます。

私たちは、お客様からのご相談事やご依頼に対して「どうすれば喜んで頂けるのか」を第一に考えて取り組んでまいります。一意専心で作り上げた製品を誠心込めてご提供することで、ひとつでも多くの「ありがとう」を生んでいきます。「顧客」を「個客」として考え、お客様の「?」を「!」に変えるような製品を作り上げていくことで、お客様は再びお客様として来ていただき、新たなお客様も生まれ永続的に顧客を創造することができます。顧客が増えると雇用の創出にもつながります。企業というものは特に雇用を通じて地域社会と深く結びついていると当社は考えております。
また、今日の当社があるのは、お客様や社員、仕入れ業者様の存在だけでは決してありません。例えば、工場の操業に関わる電力会社や配送時に何気なく使用している高速道路などの公共物、そして常日頃お世話になっている方々もいらっしゃります。社会なくして企業は存在しません。企業である以上、社会還元は使命でもあります。世のため人のために役立ち、いつまでも地域・社会に喜んでもらえる存在であり続けたいです。

【新居紙器の経営理念】
▲ページトップへ戻る

会社概要

本社外観
本社
八尾工場外観
八尾工場
社 名

新居紙器株式会社

代表取締役社長|新居 章良
常務取締役|新居 慶二
八尾工場長|古川 泉

創 業
昭和22年4月1日
創 立
昭和30年6月1日
所在地

本社
〒540-0025
大阪市中央区徳井町1-1-6
TEL (06) 6943 - 6631(代)~ 6633
FAX (06) 6943 - 6637

八尾工場
〒581-0039 八尾市太田新町8-218
TEL (072) 949 - 2744
FAX (072) 948 - 1024

資本金
1,500万円
年 商
3.7億円(平成28年度)
決算期
5月
社員数
21名
営業品目
紙器製品の加工・製造・販売
ダンボール製品の加工・製造・販売
その他パッケージングに関する一切の業務
取引銀行
りそな銀行|北浜支店
三井住友銀行|高麗橋支店
三菱東京UFJ銀行|谷町支店

  • 平成26年度大阪府「経営革新に関する計画」承認

  • 大阪ものづくり優良企業賞2014 受賞

  • 近畿経済産業局「経営力向上計画」に係る認定

  • 平成28年度補正「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の採択 

  • 平成28年度第2次補正「小規模事業者持続化補助金<一般型>」の採択

  • 平成29年度大阪府「経営革新に関する計画」承認

  • 平成28年度補正「サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金」の採択
▲ページトップへ戻る

沿革


創業者

1947年  当時の社用車

1975年  段ボール組合野球大会
八尾工場外観(増改築後)
1995年3月 八尾工場増改築
自動製函グルア機(サックマシン)
自動製函グルア機 設置場所
2017年10月 自動製函グルア機(サックマシン)導入
1947年4月
大阪市南区問屋町10番地にて個人創業
資本金 100万円
1955年5月
大阪市東区徳井町1丁目41番地に移転
「株式会社新居商店」設立
1971年4月
八尾工場新設
1971年4月
「新居紙器株式会社」に社名変更
1976年2月
資本金700万円に増資
1977年1月
資本金1,500万円に増資
1985年6月
自動平盤打抜機械 導入
1987年5月
自動平盤打抜機械 導入
1990年8月
プリント&スロッター 導入
1995年3月
八尾工場増築
1995年3月
フォルダーグルア 導入
1996年2月
スーパーローラーダイカッター 導入
ワンタッチグルア 導入
2004年2月
セミオートプラテンダイカッター 導入
2005年6月
糊付け機械ハンディボトム 導入
2009年8月
箔押し機械 導入
デジタル印刷機械 導入
2010年8月
ハイデル改良型抜き打ち機械 導入
2013年7月
カッティングマシン 導入
2014年4月
大阪府より経営革新計画についての承認を受ける
2014年6月
平成25年度補正「中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業に係る補助金」の採択を受ける
2014年8月
大阪ものづくり優良企業賞2014 受賞
2015年1月
ハイブリッドデジタル印刷機械 導入
2016年12月
近畿経済産業局より経営力向上計画に係る認定を受ける
2017年3月
平成28年度補正「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の採択を受ける
平成28年度第2次補正「小規模事業者持続化補助金<一般形>」の採択を受ける
2017年7月
大阪府より経営革新計画についての承認を受ける(2回目)
2017年8月
平成28年度補正「サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金」の採択を受ける
2017年9月
八尾工場改築
2017年10月
自動製函グルア機(サックマシン)導入
2017年11月
オリジナルパッケージ作製サービス
ORiPA(オリパ)」のWebサイトを開設
▲ページトップへ戻る

メディア掲載


  • プリテックステージ 4月号
    PDF

  • プリテックステージ 1月号
    PDF

  • 日本経済新聞|関西中小 攻めのベア
    PDF

  • 日本経済新聞|事業継承 広がる支援
    PDF

  • 大阪府商工労働部 + 日刊工業新聞
    PDF

  • フジサンケイビジネスアイ
    PDF

  • 日本一明るい経済新聞
    PDF
▲ページトップへ戻る